市会議員・黒田みち「私のあゆみ」


by 6570295
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第1章あんたはうちの子やない

<19>卒業直後からバイト三昧


 なぜ、それほどまで市立高校入学に固執したのか。家庭の経済事情を考えなかったのか。単に「電車に乗ること」にあこがれただけなのか。いまでも分からないのですが、最後は担任の「お母さん、行かしてもいいんじゃないですか」のアドバイスと父親の「行かしたれ」のひと言で、希望通りの高校に入学することができました。

 いままでとはまったく違う世界。
 こどもから大人へ、自分で考え責任をもって行動する・・・。本当は家族にも周りの人にも甘えているんだけれど、その自覚はなく、主観的には立派に自立し、必死で自分の道を歩みはじめた、そんな高校生活のスタートでした。
 どんどん世界が広がっていくことは、夢や希望でありましたが、一方で厳しい現実を知ることにもなります。

 家の経済事情はよく知っていたため、「家に甘えるわけにはいかない、お金を稼がねば」と中学校の卒業式の直後からバイトを始めました。
 高校の授業料や交通費は親が払ってくれましたが、それ以外のお小遣いなどは自分で稼ぐのが当たり前。春のバイトで1学期を、夏のバイトで2学期を過ごす、といったサイクルでした。
 それからずっと働きづめ(^―^;)ですね。

 中学3年生卒業後の春休みと言えば15歳ですが、スーパーの中に出店している宝石屋さんに雇ってもらいました。
 その当時、お買い物といえば、守口の自宅近くの千林。そこでアルバイトの募集案内を見つけ、すぐに「雇ってください。」とかけ込みました。すぐに雇われ、人生初めての労働がはじまりました。
 数日、千林店で営業の手伝いをし、また、違う店舗へ移動していく。「初めての経験」の連続でした。家から1時間以上かかる兵庫県の伊丹店まで電車で“通勤”したこともありました。
 まさに、怖いもの知らず・・・の典型ですね。

 高校の入学式までの数週間。安い服地を買って自分で縫ったワンピースを着て、「とてもこどもには見えない」おしゃれな格好で宝石の販売のバイトにいそしんだのです。
 うんと大人びた私の活動のはじまり・・・それと同時に、絵に描いたような高校生としての青春・・・私の活動が広がっていきました。

第1章 完
[PR]
by 6570295 | 2011-12-04 09:40 | 私のあゆみ