市会議員・黒田みち「私のあゆみ」


by 6570295
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

第17回

第1章あんたはうちの子やない

  <17>これぞ青春の合唱団


 中学2年生の途中、音楽の高野先生が守口市青少年合唱団(中学生から25歳までの混声合唱団)の指揮者をされていて、団員募集で中学生にも声をかけておられました。
私も友達や先生の誘いに応じて入団し、毎週土曜日の夜の練習に顔を出すこととなりました。

 指揮者の高野先生は、合唱団に情熱を傾けておられました。
 ただ歌うだけでなく、技術的にも芸術的にも課題が与えられる・・・中学生には中々想像しにくい・・・「歌詞の意味を言え」と言って、言うまで許してもらえない。
歌詞に赤が出てくると、「どんな赤なのか」を問われる。「え、赤は赤や」としか思えませんが、「赤でもいろいろあるやろ・・・この詩の赤は、どんな赤か?夕日の赤か金魚かリンゴの赤か・・・」そして詩そのもののイメージを想像させて、今度は、歌うという実際でそのことを求められました。
 中1から25歳までの、50人を超える集団で、その人たちの話しを聞き、議論する。そして歌う・・・イメージできても表現できなければ「歌に感情がこもっていない」と指摘される。
 毎週の合唱団練習のほかに毎年定期演奏会のための2拍3日の合宿もありました。
 春や秋の行楽シーズンにはみんなで遊びにも行く。
 何より、合唱だけではなく、学生も働いている人もいるわけですから、それぞれの立場でみんなが「人生」を歩んでいる・・・それぞれが真正面からぶつかり合って生き生きしている・・・「これぞ青春」の趣でした。

 当時の団員さんで、会社をやめて後に音楽の先生などをされている方が何人もおられます。今もなお「演奏会」をされたり、歌っておられる方もたくさんおられます。
合唱団の影響を大きく受けて人生を切り開いていった人たち・・・ 私にとっても、何かを求め、いろんな本を読みあさっていた時期と重なって、中2の14歳の少女のレベルをはるかに超える、とてつもなく大きな人生勉強をする場でした。
また、団では、自分の生い立ちなどをさらけ出して話すことができる、相談できる人が何人もいて、その面でも、丸ごと支えてもらっていました。
[PR]
by 6570295 | 2011-10-15 19:20 | 私のあゆみ