市会議員・黒田みち「私のあゆみ」


by 6570295
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第13回

第1章あんたはうちの子やない

<13>クラスの意見を言えず・・・


 現実とは・・・こういうもの・・・
 ルール作りの提案に対する意見をクラスごとにまとめ、学級委員長が児童会に意見を持っていくことになりました。
 私のクラスも学級会(ホームルーム)で意見を出し合いました。
 
 それを受けて、私は、児童会に参加。
 はじめての児童会・・・
 私は、その場でクラスの意見を一言も言えなかったのです。

 クラスに帰って、「クラスの意見を言うことが出来ませんでした・・・」と報告しましたが、友だちからは格段の抗議はなかったと思います。
 
 ところが放課後・・・
 高浪先生から
 「おまえは学級委員の役割を果たしてこなかった」と強い言葉でしかられたのです。
 これには、すごくショックをうけました。
 もともと自分から進んで委員長になったのではない・・・ならされたんや、との思いがあったからかもわかりません。
 しかし・・・その弁明もできず・・・
 責任を果たせなかったことを責められ、泣きながら家に帰ったのを覚えています。

 このことは、後々・・・私の大きな転機となります。
 私自身の責任を追及された人生はじめての経験・・・

 なんで・・・
 どうして・・・
 悔しい
 情けない
 
 自分の力の無さを自覚させられた大きな事件・・・。
 自分の「責任」を突きつけられた出来事でした。
 
 
[PR]
by 6570295 | 2011-09-18 11:26 | 私のあゆみ